不眠症を治す簡単改善方法とは?

 

発症してしまうと日常生活にも支障をきたしてしまうほど、辛い不眠症。
それはただ単に「眠れない」というだけの単純な病ではありません。
不眠症を改善していくためには、どのような方法があるのでしょうか?
不眠症の症状って?

 

多くの人が、「布団に入ってもなかなか眠れない」、「緊張状態が続き寝付けてもすぐに目が覚めてしまう」といった経験があると思います。また、「自分は不眠症ではないか」と疑ったことのある人も多いのではないでしょうか。一般的には、「日中の生活に支障をきたすほどの睡眠障害が、長期にわたって続いている」場合、不眠症であると考えられています。
また、一概に不眠症、睡眠障害と言っても、その症状は一つではありません。
そのタイプは、
@ 寝ようとしてもなかなか寝付けない、入眠障害
A 寝付けたとしても翌朝まで何度も目が覚めてしまう、中途覚醒
B 通常起床する時間よりも二時間以上早く目が覚めてしまう、早朝覚醒
C しっかり寝たはずなのに眠りが浅く満足感が得られない、熟眠障害
以上の四つに分けることができます。

 

不眠症の原因は?

 

不眠症を引き起こしてしまう原因は人それぞれ異なっていますが、大きく五つに分けることが出来ます。
まず一つ目は、過剰なストレス。この場合、不眠症になる直前の出来事が原因となっていることが多いと考えられます。親しい人の死によってショックを受けたり、対人関係がうまくいかないなど、心理的な負担が睡眠障害となって現れるのです。
二つ目は、精神的な病よるもの。うつ病は不眠症になりやすい病気と言えます。
三つめは、身体的な外傷などによるもの。痛みを伴う外傷のほか、花粉症などの不快感により十分な睡眠を取ることができないなどの原因があります。
また、アルコールやカフェインなどの影響が睡眠の妨げになる薬理学的原因や、時差ボケ・生活リズムの乱れによって正常な睡眠を取ることができなくなる生理学的原因が、主な不眠症の原因として挙げられます。

 

不眠症の改善方法とは?

 

不眠症を改善していくためには、人それぞれの不眠症に至った原因を突き止め、解決していく必要があります。
例えば、ストレスが原因で不眠症を発症した場合、原因となったストレスをなくしていく方法を探さなければなりません。ストレス自体の原因を明確にしていくことで、改善につなげていくことができます。
また、精神的な病または身体的な外傷などが原因の場合は、その疾患を治療していくことで不眠症を改善させることができます。特に、精神的な病の場合は、専門的な医師による適切な治療を受ける必要があります。
アルコールやカフェインの過剰摂取に心当たりがある場合は、生活習慣から見直していく必要があります。常用している薬がある場合は、その薬が原因となっていることも考えられるので、どのような副作用があるかなどしっかり確認しておきましょう。
生活リズムの乱れが原因となっているのであれば、まずは規則正しい生活を取り戻し、心も体もリラックスできる時間と環境を作ることが大切です。
原因を解決していくことが、不眠症の改善の糸口となるため、不眠症そのものの治療と呼ばれるものはないと言っても良いでしょう。睡眠薬などを処方されることによって一時的に不眠を解消できる方法もありますが、薬を服用する事にはそれなりのリスクも伴います。不眠症の症状が現れた時は、焦らず自分自身と向き合って改善方法を考えていく必要があるのです。