不眠症を治す効果的な食事と食品

 

睡眠と食事には深いかかわりがあると言われています。
日々の食生活を少しだけ見直して、快適な睡眠を目指しましょう。
ここでは不眠症に効果的な食品やその食べ方などをご紹介していきます。
不眠症を改善する食べ物とは?

 

発酵食品には、睡眠障害に効果的とされているトリプトファンという成分が含まれているものが多いと言われています。また、心身をリラックスさせる効果のあるGABAなどが含まれている食べ物も多いので、不眠症に悩んでいる方は積極的に発酵食品を食べるようにすることをおすすめします。
発酵食品の中で特におすすめなのは、納豆、チーズ、ヨーグルトなど。納豆やチーズにはトリプトファンが豊富に含まれています。また、ヨーグルトには、トリプトファンやGABAなどが豊富である上、乳酸菌は睡眠の質を上げることに効果的と言われています。トリプトファンは、朝に摂取すると良いともされているので、これらの食べ物を朝ごはんに加えれば文句なしと言えますね。
温かい食べ物を食べることも効果的です。体が冷えていることが、寝付きの悪さや眠りの浅さに関わっていることも多いので、温かい食べ物で常に体を温めておくことは、睡眠の質を向上するうえで重要と言えます。生姜を使った料理など、血行を良くしてくれる食べ物を積極的にとるように心がけましょう。

 

不眠症には、朝ご飯のメニューが大事!

 

前章でも述べましたが、睡眠障害に効果的とされているトリプトファンは、朝ご飯のメニューに取り入れることでさらに効果的になります。また、糖分と一緒に摂取しなければトリプトファンは脳内に吸収されません。
メニューとしては、
・チーズをのせたトーストにコーヒー(砂糖入り)
・納豆かけごはん
・フレンチトーストにホットミルク
このようなメニューにすると、トリプトファンと糖分を効果的に摂取することができます。
朝ご飯をしっかり食べることは健康への第一歩。たくさんの薬に頼るよりも健康的に不眠症を改善していくことができるので、一度朝ごはんメニューを見直してみてはいかがでしょうか。

 

こんな食事のとり方はダメ!

 

当然のことですが、栄養バランスの良い食事をとることは必須。睡眠に良いからと言って、トリプトファンの含まれている食べ物ばかりを食べていれば良いというわけではありません。
不眠症を改善していこうとする場合、食事の時間にも気を付けなければなりません。夕食の時間から寝るまでの時間が短いと、食べたものが消化しきれていない場合があります。睡眠を取ろうとするとき、消化が終わっていないと眠りが浅くなってしまうと言われているのです。
どうしても夕食が夜遅くなってしまう場合は、消化の遅い肉類などは避けるようにして、消化の早いうどんやパンなどを食べるようにしましょう。消化の悪い食材は全般的に良質な睡眠を妨げてしまうので、不眠症に悩んでいるときは時間にかかわらず、消化の良い食材を使ったメニューを選ぶようにすることが賢明です。
睡眠と食事には深いかかわりがあります。規則正しい食生活を心がけ、睡眠に効果的なメニューなどを取り入れていくことで、辛い不眠症を改善していきましょう。