不眠症は病院で治る?何科を受診すればいいの?

 

不眠症は原因も症状も人によってさまざま。
診察を受けるべき科も異なってきますが、初めて受診する場合はどこにいけばいいのか判断が難しいですよね。
そこで、不眠症で受診することのできる科にはどのようなものがあるのかご紹介します。
不眠症は、病院で治る?

 

日本人では多くの人が悩まされている、不眠症。生活習慣の改善や、市販の睡眠薬を服用することで改善できる場合もありますが、慢性的な不眠症に陥ると自分の力だけではどうしても治すことができないこともあります。
そんな場合は病院で医師の診察を受けることになりますが、不眠症などの睡眠障害ってそもそも何科を受診すれば良いものなのか、初めてだとわかりませんよね。
不眠症は、なんの理由もなくただ眠れなくなるというだけの病気ではありません。それは人それぞれ全く違った原因によるものなので、不眠症を治療するためにはその原因を解明し、解消していく必要があります。つまり、何が原因で不眠症に陥ったかによって診察を受ける科は変わってくるということになります。

 

不眠症のとき、診察を受けるべき科とは?

 

まず、全般的な睡眠障害を診察することのできる科は精神科や心療内科が挙げられます。
しかし、睡眠時無呼吸症候群やいびきなど、身体的な症状が原因とわかっている場合は、これに当てはまりません。この二つの症状が出ているときは、睡眠外来で受診するのがよいでしょう。
ストレスや何らかの悩みが原因だとわかっている場合は、メンタルクリニックで受診されることもおすすめします。不眠症の症状だけでなく、そもそもの原因となる心の症状を相談することもできると思われます。
また、あまり受診するべきでないと考えられる科は、内科や神経科、神経内科など。専門外であり、正しく診察されない場合もあるのでこれらの科では受診しないほうが良いと言えるでしょう。

 

自分の症状を明確にしておくことが大事!

 

不眠症のとき、病院で受けるべき科は人によって違います。
正しい科を選択するためには、自分がなぜ不眠症になってしまったのか、その原因をしっかり分析しておくことが大切です。まずは総合病院に電話連絡をしたり、受付で問い合わせるのことが必要ですが、自分がどのような症状を持っているのかしっかり把握し、メモしておきましょう。寝ている間の自分の状態、例えばいびきがひどかったり睡眠時無呼吸症候群の症状が出ていないかを確認しておくことも重要なので、家族の協力も必要となります。
はじめての受診は戸惑うことが多いですが、一刻も早く快適な睡眠を手に入れることができるよう、ためらわず相談しましょう。