不眠症の症状と眠れない理由

不眠症の症状と理由

 

 

「眠りたいのに眠れない」不眠症はとっても辛いですよね。ところでこの不眠症、原因が何なのかご存知でしょうか?精神的な理由もありますが、他に意外な原因がある場合も・・・。不眠症について、徹底解剖してみました。

 

 

 

不眠症の症状

 

 

・入眠障害
寝つきが悪く、布団に入って30分〜1時間以上経っても眠れない症状。本を読んだり、携帯電話をいじったり、飲酒しても眠れないこともあります。酷いときには、明け方になってやっと眠れるという場合も。

 

・熟睡障害
比較的規則正しい生活をして睡眠時間もたっぷり取っているはずなのに、まったく眠った感じがしない、熟眠感欠如の症状です。日中はボーっとすることが多く、無気力になってしまいます。

 

・中途覚醒
夜中に何故か目が覚めて、そのまま眠れなくなる症状です。その後は布団の中で悶々としているうちに朝になってしまい、まったく眠った気がしない感覚に襲われます。

 

・早朝覚醒
早朝に目が覚めてしまい、その後眠れなくなる症状です。まだ夜も明けない朝の4:00には目が覚めてしまうこともあります。そんな時間に起きても何もすることもなく、とても辛い気分を味わいます。

 

 

 

 

不眠症の原因

 

・心理的原因
ストレスが原因の不眠。仕事や家庭内のトラブルなど、心配事で眠れなくなります。また、「今夜も眠れないのではないか」など、眠れないことそれ自体がストレスになったりもします。

 

・身体的原因
身体の病気や、その症状が原因で起こる不眠です。傷の痛みやリウマチ、湿疹やアトピーの痒み、喘息や花粉症、頻尿などでも眠れなくなってしまうことがあります。

 

・精神医学的な要因
精神や神経の病で、不眠になってしまうこともあります。不安や抑うつが続くと精神的に不安定になり、眠れなくなります。慢性的な不眠症では、三分の一が精神医学的なものが原因といわれています。

 

・薬学的原因
服用している薬や、アルコール、カフェインの摂取などによって起こる不眠です。

 

・生理学的要因
環境による不眠のことです。海外旅行での時差ぼけ、夜更かしや夜勤シフトによって生活リズムが乱れることで昼夜逆転して不眠になるケースが、これに当てはまります。

 

・環境的要因
外の騒音。寝室の照明や温度に湿度、寝具が身体に合わないなどの、環境的なことが原因で不眠になることもあります。

 

 

不眠の改善方法

 

・入眠障害タイプ
ぬる目のお湯にゆっくりつかって入浴しましょう。火照りすぎても眠れなくなるので、身体が少し冷えてから眠るようにしましょう。

 

・熟睡障害タイプ
日中に身体を動かし、運動することを心がけましょう。起床時間を一定にしましょう。

 

・中途覚醒タイプ
寝室や寝具などを眠りやすい環境に整えましょう。睡眠の長さにこだわらないのもコツです。

 

・早朝覚醒タイプ
別室に移動するなどして、眠る環境を変えてみましょう。思い切って起床し、散歩や軽い体操をしてみるのもいいでしょう。